Laravel6がリリースされました

2019年9月にLaravel6がリリースされました。
今回のバージョンはLTS版です。

Laravel News

LTS版とは
LTS(Long-Term Support)とは、2年間のバグ修正、3年間のセキュリティ修正を行うバージョンのこと。マイナーリリースでは、半年間のバグ修正、1年間のセキュリティ修正となっている。
バージョン リリース日 バグ修正 セキュリティ修正 PHP
5.0 2015/2/4 5.4
5.1(LTS) 2015/6/9 2017/6 2018/6 5.5.9
5.2 2015/12/21 2016/6 2016/12 5.5.9
5.3 2016/8/23 2017/2 2017/8 5.6.4
5.4 2017/1/24 2017/7 2018/1 5.6.4
5.5(LTS) 2017/8/30 2019/8 2020/8 7.0
5.6 2018/2/7 2018/8 2019/2 7.1.3
5.7 2018/9/4 2019/2/4 2019/9/4 7.1.3
5.8 2019/2/26 2019/8/26 2020/2/26 7.1.3
6.0(LTS) 2019/9/3 2021/9/3 2022/9/3 7.2

laravel6からはPHP7.2以上が必要です。

最新PHPを導入しよう

ターミナルからHomebrewを使ってインストールします。

HomebrewとPHPを最新に

ターミナルからbrewを最新にしましょう。

$ brew update
$ brew upgrade php

今入っているPHPのバージョンを確認

brew search php@7

PHP7.3をインストール

brew install php@7.3

PATH を通す

インストールしたあとはパスを通して使えるように設定します。

$ echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.3/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.3/sbin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

PHPを再起動

brew services start php
$ php -v

これでPHPのバージョンが7.3になっているはず。

PHP 7.3.9 (cli) (built: Sep 14 2019 18:07:55) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.9, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.3.9, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies

Laravel6をインストール

では、準備が整ったところでLaravelをインストールします。

composer create-project "laravel/laravel=6.*" sampleproject

インストールしたフォルダに移動してからバージョンを確認。

$ php artisan --version
Laravel Framework 6.0.4


localhostにアクセスして、いつもの見慣れたトップ画面が出れば成功です。
もしPermissionエラーが出る場合は、storageフォルダの権限を変更してみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です